改名占い.com
お問い合わせ 03-6804-6619 平日9:00から17:30

改名手続き(名前変更)で許可を得るため難しい手続きも応援、信頼の体制で許可改名許可の得られる改名占い.com

お気軽にお問い合わせください

改名手続き(名前変更)を一度の申立で改名許可を得るためにサポート致します。確実でお急ぎの方はお知らせ下さい。

改名占い.comが提供するサービス

名前を変更するには、どのような手順で何処にすれば改名許可されるのか解らない。この様な悩みをもつ皆様のために、改名占い.comはお役に立てればとおります。名前の変更が簡単に許可されると勘違いされている方が、余分な時間を費やし改名申立しても、家庭裁判所は正当な事由がないと判断し許可されない件が多々あります。

このような皆様に手続に関する事は、改名占いのお客様に無料でアドバイスさせて戴いております。ご自身が家庭裁判所に申立をされて不許可になられた方、取下げされた方も、当方の支援により改名許可を得られた方は多数いらしゃいます。不許可が無いと云って過言ではありません。

改名占いは、原則として当事務所で直接お会いしておこないます。名前とは、生まれて最初に定められた運命であると云えます。名前を変更することは、先天運を変えることなのでメールや電話で簡単に対応出来るものではございません。名前は人間の運気を操る神秘的な力が働いて活きます。改名占いのお客様が万が一、不許可の場合は改名占い費用を返金致します。現在のところ不許可はなく皆様のご要望にお応えしています。

改名手続き(名前変更)とは戸籍の名前を変更することです

戸籍法により正当な事由がある場合は、家庭裁判所の審判を受けることが出来ます。裁判官の許可が出た時に住所地の区役所等へ審判書・戸籍謄本・身分証明書を持参して改名手続きをしてもらいます。但し簡単に許可されることはありません。(戸籍法第107条の2に規定されており、正当な事由によって名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない)

難易度の高い改名許可の無料アドバイス

安易に名前を変更することが可能となれば、戸籍法の立法趣旨に沿わなくなります。行政機関は税金徴収の制度維持が出来なくなります。ここが日本では改名が難しい要因と云えます。名前変更(改名手続き)される前にこれらの制度を熟知してから望むことが許可を得る重要な要素です。家庭裁判所等では許可がおりる方法を質問しても教えてくれません。ためしにご自身の管轄家庭裁判所に電話して改名の方法を尋ねてみて下さい。

改名についてのご質問と回答(一部)

そのほかのご質問と回答はこちら

私は昨年、逮捕歴があります。示談が成立して起訴猶予となり前科は付きませんでしたが、インターネットで自分の氏名を検索すると逮捕の状態が記載されています。
これら就職に影響している理由で改名は出来ますか?

この逮捕歴理由をストレートに述べても改名許可はおりません。より通常よりは不許可の確立は高くなります。許可を勝取るへのアドバイスをさせて戴きます。

生後5ヶ月の子供の名前ですが夫婦と両方の親などで命名について意見が合わなかったので、主人に妥協して出生届出を提出しましたが納得出来ません。生後間が無く改名、大丈夫でしょうか?

改名は大丈夫です。但し、申立ての理由が重要です。当方の取扱い成功例も多数ございます。慎重にテクニックを要する案件です。幼いお子様は通称名の使用期間を5年以上出来ないため、難易度が高くなりますが但し、当方のお客様の許可は出ております。親権者の同意がなく片親が命名した案件で、申立改名許可された判例をご紹介致します。

改名の際に名前を占ってもらえると云うことですか ?

その通りです。お客様が占い又は他の人が占った場合も改名の専門知識を持つ当方が占います。改名占いのお客様には、手続サポートアドバイスは無料でさせて戴いております。

申立書に記載したら許可されない表現はありますか?

「画数なども考慮して名づけた。」といったものや、「当て字を使って名づけてしまった。」「読める気がして名づけた。」「読んでもらえない。」「名づけた。」「落ち込むことが多くなった。」「思っている。」といった表現は使用しない方が良いです。

戸籍制度と改名(名前変更)の難易度

戸籍とは、戸と呼ばれる家族集団単位で国民を登録する目的で作成される公文書であり、税金を徴収するための基帳と云えます。明治時代から昭和20年までの時代は徴兵制度の基帳でもありました。1825年に長州藩(山口県)で戸籍法が施行されます。近代戸籍法の原点とされています。明治5年に日本で初めての本格的な戸籍制度が開始されます。昭和23年、また新しい戸籍法が施行されました。

戸籍制度を理解してから改名申立に望む

豊臣秀吉によって行われた「太閤検地」これは年貢としての米を取り立てるためのもので、その土地の広さや、どれだけの収穫があるか、そこの農民は誰なのかを帳面に書いたものになります。この当時でも戸籍は「課税のための制度」という色が強いということが解ります。江戸時代には、幕府の作成した「宗門人別帳」という民衆調査の台帳と、お寺の作成した「過去帳」と呼ばれる台帳が戸籍制度にあたります。
「宗門人別帳」ですが、これは領主が村ごとに作成させた帳簿です。 家ごとに家族構成と檀家となっている寺とその寺の証印が書かれています。そしてお寺にある「過去帳」です。ご先祖様の名前(戒名)と亡くなった年が書かれている帳簿」です。江戸時代の戸籍も「課税のための制度」と云えます。明治3年9月に平民を含む全国民へ氏名を用いるよう立法化されました。この理由は徴兵と課税のためでした。

江戸幕府と戸籍制度の原型

江戸幕府は鎖国により外国との交流を制限しており、キリスト教も禁止していました。そのため「宗門人別帳」には「キリスト教禁止のため」という色が強く出ています。戸籍制度はかなり昔からあることが解りました。 しかし未だに現在の戸籍に近いものは一向に出てきません。
明治5年に日本で初めての本格的な戸籍制度が開始されます。ただ、第二次世界大戦後の昭和23年。ここでまた新しい戸籍法が施行されます。広い国土の中で個人を特定するためにある戸籍、改名により解りにくくなれば目的に反する事になります。ここに改名は簡単に許可されない理由があると思います。

改名(名前変更)を望まれる様々な理由

子供の命名について家族間で意見がわかれて納得のいかない名前で出生届を提出した。

名前を理由に虐めにあい、自分の名前が嫌で改名したい願望が強い。

逮捕歴があり不起訴になったがインターネットに自分の氏名を検索したら逮捕歴が表示され就職に影響がある。

同姓同名の方が職場、近隣、学校にいるので生活に支障がある。

外国人と間違われる名前なので生活に支障があり改名したい。

戸籍謄本に記載されている項目

1.氏名
2.出生の年月日
3.戸籍に入った原因及び年月日
4.実父母の氏名及び実父母との続柄
5.養子であるときは、養親の氏名及び養親との続柄
6.夫婦については、夫又は妻である旨
7.他の戸籍から入った者については、その戸籍の表示
8.その他法務省令で定める事項

サポートの流れ


お問い合わせページ、もしくは電話からお客様の状況をお知らせ下さい。

当方より電話、メールにてお客様に打ち合わせのご連絡を差し上げます。電話でご案内し、お客様の改名申立の経験や認知度等をお聞きします。

お客様が当方に信頼を持ってもらえれば、当事務所にお越し戴きお客様のご要望(改名占い・改名手続き)をお聞き致します。その後、お会いして詳細に打ち合わせ。

改名占い、改名手続きのアドバイスをスタート致します。数時間では完了できませんが許可されるまで無料でサポート致します。

家庭裁判所に申立の許可されやすい事例は以下の通りです

1. 永年、通称名として使用した場合
2. 奇名、珍名などの読み書きしづらい場合
3. 異性と間違われやすい名前
4. 神官、僧侶になった場合
5. 結婚等により近親者に同姓同名がいて紛らわしい場合
6. 伝統芸能や、長く続いている商売で先代の名を襲名した場合
7. その他

改名ブログ >
03-6804-6619 平日9:00から17:30
お問い合わせ
© 改名占い.com All Rights Reserved.

ページトップへ