平日:9時〜17時

特別職国家公務員の男性で父親が高齢の時の子供

特別職国家公務員の男性で父親が高齢の時の子供さんでした。地方であり名前は明治、大正時代に多くつけられた名前でした。定年は後、5年ですが小学校の頃から古臭い名前と言われ悩み続けられて来ました。 家庭裁判所への名の変更申立も過去に本人が直接2回されましたが不許可となりました。 当方に改名占いと改名手続きは無料サポートで、晴れて許可され本人と奥様から喜びの手紙を戴きました。

外国人と見られるので日本人として相応しい名前に

2015年10月、外国人の旦那さんと離婚訴訟の結果が出て離婚が成立し、子供の親権も認められたました。名前が外国人と見られるので生活拠点は日本で、子供も今後は日本での学校と就職しか考えられないと申しています。日本人として相応しい名前占いと改名手続きのアドバイスをして無事に家庭裁判所から許可されました。

申立書は敬語で記載することが重要です。

申立書10事例のように敬語で記載することが重要です。 敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類から適度に用いて下さい。時代劇の大岡越前奉行に申立てするイメージで表現されることが適切です。

申立書に用いてはいけない表現

画数なども考慮して名づけた。 当て字を使って名づけてしまった。 読める気がして名づけた。 読んでもらえない。 名づけた。 落ち込むことが多くなった。 思っている。

申立書記入の心構え

「伏して改名許可お願い申し上げます」「心中より改名許可お願い申し上げます」この心意気で申立書のストリーをくみたててから記載して下さい。ご自身の名で困った状況を詳細に記載します。愚痴は記載致しません。理路整然と正当な事由と裁判官から認識してもらえるように申立書を作成して下さい。 目下や友人に書くのでないため、丁寧な表現を用いて下さい。