平日:9時〜17時

昨日の改名許可は

お客様が申立書を家庭裁判所に送り7日後に出廷の通知書が送付されて来ました。この内容から80%は許可と認識致しました。書記官との面談も20分で済み通常の裁判官との面談はありませんでした。許可書は事前に用意されてたと思います。改名許可書を受取りこの足で役所に行かれて改名手続きをされました。

改名に使える漢字

改名に使える漢字は、「常用漢字」または「人名用漢字」のみです。 子供の名前に使える漢字は、「常用漢字」または「人名用漢字」のみです。 常用漢字 2,136字 人名用漢字 651字 改名漢字 http://kanji.jitenon.jp/cat/namae.html

家庭裁判所の問合せ対応

久しぶりに東京の家庭裁判所二か所に名の変更について確認の電話を入れましたが、驚きました。一年前は親切にアドバイスをしていた内容は「現在の状況を申立てして下さい。添付資料を含めて、裁判官が判断します。」改名について閉鎖的と思いました。

謹賀新年 平成30年

新年おめでとうございます 本年も改名占い 許可される改名手続きを致します 安心されてご用命を下さい

改名するには

改名するには、「住所地の管轄家庭裁判所」東京都の場合は23区居住者は東京家庭裁判所、23区以外居住者は立川家庭裁判所に申し立てをし、変更の許可を得るための手続きを致します。 「家庭裁判所」において、正当な事由があると判断をされた場合に限り、名の変更をすることが出来るようになります。 「家庭裁判所」で変更許可を得た後、名変更許可の審判書の謄本を、添えて、届出人の所在地または本籍地の役所に名の変更届出を致します。 改名は簡単ではありませんが、改名するにはこの意志を大事して戴ければ出来ると認識しています。

改名許可を得る姿勢

改名許可を得る心の姿勢が左右されます。 改名許可を得るには、いくら証拠資料が揃っていても裁判官に認めてもらうことが重要です。 その理由として下記の記載に明記されていると認識致します。 正当な事由によって,戸籍の名を変更するには,家庭裁判所の許可が必要です。 正当な事由とは,名の変更をしないとその人の社会生活において支障を来す場合をいい, 単なる個人的趣味,感情,信仰上の希望等のみでは足りないとされています。

失敗された改名を許可に自信あり

準備不足の方が改名申立をされても許可は困難です。どこから手を付けてよいか解らないと思います。これは無理と認識されている方は、どうぞ一報下さい。

改名を直ぐされたら回り道する必要なし。

3年程前の事ですが改名について問合せの方がおられました。高校の教師で女性の下着を窃盗し逮捕され教師は退職し離婚もして、人生、180度変わったそうです。 その後、3年間、営業の仕事をまじめにして管理職になりましたが、突然上司から呼ばれて6年前の事件のことを聞かれました。本名のためネットで検索したら全て表示されここも退職することになりました。 この方から依頼は無かったため、その後、どのようにされたかは不明です。 後悔先に立たず。改名を直ぐされたら回り道する必要なし。

全国の改名許可数

昨年度の改名許可等の数が発表されました。気がつくとこは受理は、6,281件したが取下げ数が1,287件となっています。敷居が高いことが現れています。 平成28年度(2016年度)司法統計に見る全国の家庭裁判所の改名許可等の状態 受理  6.281件 許容(許可)  4.654件 却下    422件 取下げ   1.287件 その他    21件 平成27年度(2015年度)司法統計に見る全国の家庭裁判所の改名許可等の状態 受理  6.979件 許容(許可)  5.078件 却下    467件 取下げ   1.409件 その他    25件