平日:9時〜17時
改名占いで幸福

改名占い|改名とは

名前とは

名前とは、社会において個人を特定するためにあります。改名により社会の仕組みに影響が発生するため、家庭裁判所は簡単に改名許可をしたくありません。改名の事由は皆様同一でないため、改名参考書やインターネットに記載している通りにしても家庭裁判所の許可を得られることはありません。
戸籍の改名(名前変更)の許可を得るには、一般の人が想定される以上にハードルが高く戸籍法でこのように定めています。
正当な事由によって、戸籍の名を変更するには、家庭裁判所の許可が必要です。
正当な事由とは、名の変更をしないとその人の社会生活において支障を来す場合をいい、単なる個人的趣味、感情、信仰上の希望等のみでは足りないとされています。

改名許可を得られるアドバイス

名の変更をしようとする者(15歳未満のときは、その法定代理人が代理します)
申立てに必要な書類
標準的な申立添付書類
申立人の戸籍謄本(全部事項証明書)
名の変更の理由を証する資料

家庭裁判所に改名についてお問合せをしても、許可される方法は教えてくれません。通常の問合せの回答は、申立をされたら裁判官が判断致します。この様な応対では、どこから手をつければ良いか解りません。
改名許可を得られるようアドバイスを致します。もしくは無理、時期早々とお教え致します。
主に下記の項目等についてアドバイスを致します。
Q. 改名申立の心構えが許可を得るポイント

a.「伏して改名許可お願い申し上げます」「心中より改名許可お願い申し上げます」このような心意気で申立書のストリーをくみたててから記載して下さい。ご自身の名で困った状況を詳細に記載します。愚痴は記載致しません。理路整然と正当な事由と裁判官から認識してもらえるように申立書を作成して下さい。目下や友人に書くのでないため、丁寧な表現を用いて下さい。

Q. 申立書に用いてはいけない表現

a. 画数なども考慮して名づけた。
当て字を使って名づけてしまった。
読める気がして名づけた。
読んでもらえない。
名づけた。
落ち込むことが多くなった。
思っている。

Q. 申立書に用いる表現

a. 申立書10事例のように敬語で記載することが重要です。
敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類から適度に用いて下さい。時代劇の大岡越前奉行に申立てするイメージで表現されることが適切です。

Q. 改名に必要な添付資料とはどの様な物がありますか? 知恵を使った資料とは?

a. 新聞代金、電気代金、水道代金等の領収書等も使用出来ます。

Q. 改名に必要な正当事由の表記

a.

Q. 15歳未満の申立は、法定代理人が行う

a. 15歳の誕生日にむかえていない人、0歳から14歳の人が改名申立をされる際は親権者が代理人となり申立を致します。親権者がいない場合は、未成年後見人が代理人となり申立を致します。

Q. 定型申立書

a. こちらからダウンロードして下さい。A4用紙で印刷して下さい。本籍地の記入は戸籍謄本の掲載とおり省略なしで記入して下さい。現住所は住民票の掲載とおりに省略なしで記入して下さい。
http://www.courts.go.jp/vcms_lf/12m-nanohenkou.pdf

Q. 改名を申立する所轄家庭裁判所は

a. 現住所を管轄する家庭裁判所に改名の申立てをして下さい。

Q. 申立書に貼る収入印紙は

a. 収入印紙は合計で800円になるように400円の収入印紙2枚が適当です。割印は押しません。無効になります。

Q. 添付する郵便切手の内訳

a. 各家庭裁判所により異なりますので住所地の家庭裁判所に事前に尋ねて下さい。
東京家庭裁判所の場合は82円切手が5枚です。家庭裁判所により組み合わせと額に相違があります。
切手は袋に入れて同封します。

Q. 申立書を家庭裁判所に郵送する方法は

a. 書留郵便でお送り下さい。信書のため郵便法により宅急便を使用しないで下さい。

Q. 家庭裁判所からの通知は

a.
①改名許可書が郵便で送付されて来ます。
②郵便で家庭裁判所での審問する日時が郵便で送付されて来ます。
③電話で家庭裁判所での審問する日時の確認が来る。
④郵便で不許可の書面が送付されて来ます。

Q. 家庭裁判所に審問に行く時の心構えと服装

a. 男性、女性もスーツを着て身だしなみを整えて出向くことが良い結果に影響すると思います。

Q. 不許可の場合は、不許可よりは取下げを選択する

a. 却下(不許可)されたら当分の期間、再申立が出来ないと云う話がありますが、正確に期間の定めを明記したものはありません。当事務所のお客様が一年前に家裁から許可されないので取下げをされた方が良いと云われました。

Q. 改名許可されたら住所地の市町村役場で手続

a. 住民登録されている市町村役場もしくは本籍地の市町村役場に出向き家庭裁判所発行の改名許可書と免許証等、印鑑を持参し戸籍の改名手続をして下さい。

戸籍の改名が完了したら免許証、保険会社等の改名手続もして下さい。

改名申立の心構えが許可を得るポイント

「伏して改名許可お願い申し上げます」「心中より改名許可お願い申し上げます」この心意気で申立書のストリーをくみたててから記載して下さい。ご自身の名で困った状況を詳細に記載します。愚痴は記載致しませんプラスになりません。理路整然と正当な事由と裁判官から認識してもらえるように申立書を作成する心構えが改名許可を得ることが出来ます。
目下や友人に書くのでないため、丁寧な表現が重要です。

許可が困難の場合は、取下げを選択する

却下(不許可)されたら当分の期間、再申立が出来ないと云う話もありますが、正確に期間の定めを明記したものはありません。半年前に家裁から許可されないので取下げをされた方が、その後の申立で許可された例があります。

名前の変更は占い・運勢等の希望では家庭裁判所は許可を致しません。改名の手続根拠は、戸籍法第107条第2項に「正当な事由によって名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。」としています。この正当な事由があるかどうかは、家庭裁判所の裁判官が判断致します。同じ事由であっても、裁判官の裁量により許可される事、されない事があります。裁判官の心証によるところが大きいと云うことです。

改名占いのお客様に限り無料で上記のアドバイスを致します。
申立はお客様が直接、家庭裁判所にして下さい。